news | chikara matsumoto

CHIKARA MATSUMOTO

images and activities

YONA NO YO

26734419_1723872431009000_4287233367580363399_n.jpg

音楽家VOQ 1stアルバム『YONA』リリースイベント
YONA NO YO
会期:2018年7月7日(土)
開場/開演:18:30/19:00
会場:7th FLOOR (渋谷区円山町2-3 O-WESTビル7F)
入場:予約 2000円/当日 2500円(各1ドリンク代別)
☆CD「YONA」持参の方は、1ドリンク代をサービスします。
☆出演者または7th FLOOR メール予約窓口 (7/6まで) nanakaiyoyaku+0707@gmail.com にて、ご予約を承ります。
件名に公演名、本文にお名前(フリガナ)/予約人数をご記入ください。
ご予約の確認がとれましたら返信いたします。
出演:VOQ+松本力, Snake G, IRRY POP, Takuro Baba, Tomomi Ban, and more

19:00-20:00 第1部  
20:20-21:20 第2部

来る七夕、7月7日(土)の夜7時に渋谷7th FLOOで、音楽家VOQの1stアルバム『YONA』のリリースイベント「YONA NO YO」を開催します。フォーセブンは、天使の数字を示すとのこと。
ご予約をお待ちしております。ぜひお越しください☆彡

絵による映像表現とエレクトロニカのような歌が拮抗するライブパフォーマンス。東京都現代美術館、森美術館でのライブ、アニエス・ベーパリコレクションへの招聘、細野晴臣氏からのレコメンドなど。
当日は、松ボックのパフォーマンスに加え、ゲストミュージシャンを迎えたスペシャルなバンド編成での演奏も予定。「YONA NO NA」はまたいつか。
https://soundcloud.com/voqqov

VOQ 1stアルバムYONA
電子音と生楽器と歌声によって紡ぎだされるその音楽が各方面で高い評価を得たエレクトロニカ・バンド《オルガノラウンジ》のボーカルVOQ(ボック)待望の1stアルバム。
細野晴臣氏に「どこか放っておけない陽炎のような歌」とも評された儚く繊細な歌声と独特な世界観を醸し出すサウンドは健在。ソロとなり、よりパーソナルかつ深い響きと思想を感じさせる音楽へと昇華しています。
本作には、VOQ活動開始から録りためてきた楽曲の中から11曲を収録。美しいメロディーに乗せて歌われる日本語の歌詞と、独特のサウンドプロダクションから生み出される洗練さとオリジナリティー溢れるトラックが融合、あたかも新たな表現の世界観を映す愛おしい楽曲群として結実しています。
アートワークは映像作家・松本力氏、デザインはアートディレクター・服部一成氏が担当。
http://www.organ-o-rounge.org/voq/
https://pform.thebase.in/items/10775327

VOQ's 1st Album "YONA"

VOQ_YONA_jacket.jpg

音楽家VOQ 1stアルバム "YONA"
発売日:2018年4月17日
レーベル:PROGRESSIVE FOrM
ご予約、ご購入はこちら

電子音と生楽器と歌声によって紡ぎだされるその音楽が各方面で高い評価を得たエレクトロニカ・バンド《オルガノラウンジ》のボーカルHiroshi Hondaによるソロ名義VOQ(ボック)待望の1stアルバム。
細野晴臣氏に「どこか放っておけない陽炎のような歌」とも評された儚く繊細な歌声と独特な世界観を醸し出すサウンドは健在。ソロとなり、よりパーソナルかつ深い響きと思想を感じさせる音楽へと昇華しています。
「音楽を美術にしたい。」VOQはそう語ります。
アートっぽい音楽でもなく、サウンドアートでもなく、「美術=ビジュアルアート」として鑑賞できる音楽を目指して。
それは音を見ようとする行為であり、音楽自体から越境しようとする試みかもしれません。
本作には、VOQ活動開始から録りためてきた楽曲の中から11曲を収録。美しいメロディーに乗せて歌われる日本語の歌詞と、独特のサウンドプロダクションから生み出される洗練さとオリジナリティー溢れるトラックが融合、あたかも新たな表現の世界観を映す愛おしい楽曲群として結実しています。
リードトラックであるM2「yona」、またM8「swanna」では映像作家・松本力氏と、M4「ĉielarko」ではクリエイティブユニットkvinaとMi amas TOHOKUとのコラボレーションによるミュージック・ビデオを公開。アートワークは映像作家・松本力氏のアニメーション原画を元に、アートディレクター兼グラフィックデザイナーの服部一成氏が担当。

幻想と現世を行き来する狭間をポップなアプローチや詩的なテクスチャーで描いた淡い世界観は、聴く人の心に優しく降り注ぐだろう。

Album Trailer Movie youtube-3.png

トラックリスト
1. 5/4
2. cloudland youtube-3.png
3. yona youtube-3.png
4. ĉielarko youtube-3.png
5. letlit
6. conadona youtube-3.png
7. lulu youtube-3.png
8. swanna youtube-3.png
9. nouno
10. flowerlang youtube-3.png
11. nova - good night

VOQ
音楽家。エレクトロニカバンド《オルガノラウンジ》のボーカルHiroshi Hondaのソロ名義。
オルガノラウンジとして1st「spiral cool world」(2000年)、2nd「phantomurmur」(2001年)、3rd「calmwarm」(2002年)、4th「futron」(2003年)、ライブ盤「gift for lolita - agnès b. collection hiver 06/07」(2006年)、そして細野晴臣氏やアニエス・べー(agnès b.)からも絶賛された5th「cos mos」(2008年)をリリース、2010年にオルガノラウンジとしての活動を休止、以降VOQとしての活動を開始。アニメーション作家の松本力氏と活動を共にし、作品への楽曲提供、音と映像のライブパフォーマンスを継続して行っている。
主な活動としては、画家・pan weiTV特番BGM(2010年)、フリーマガジン「pink」イメージ音源Vol.1-3(2011年)、アートフェスティバル「Die lange Nacht der Museen(美術館の長い夜)」ミュンヘンでの写真家・笠井爾示インスタレーション会場音楽(2011年)、画家・浅井祐介 阿倍野ハルカス・パウダールームBGM(2011年)、作家・小林エリカ/映像作家・松本力 アニメーション「天使の話」の音楽(2011年)、写真家・大和田良 展覧会会場音楽(2011年)、イラストレーター・前田ひさえ展示ムービー音楽(2012年)、東北復興プロジェクト「Mi amas TOHOKU」楽曲提供(2012年、2013年)、また国内外のメーカー、アパレル等のブランドムービーへの楽曲提供も多数手掛ける。
恵比寿映像祭2011、映像芸術祭MOVING 2012、瀬戸内国際芸術祭2013、黄金町バザール2014、アートいちはら2015等への出展や出演等、美術方面での活動と共に国内外問わず各地での滞在制作やワークショップ、ライブパフォーマンスを実施。
2018年4月、PROGRESSIVE FOrMよりソロとしての1stアルバム「YONA」をリリースする。
http://www.organ-o-rounge.org/voq/

La Botanica

La_Botanica_S.pdf

ラ・ボタニカ 絵画と植物を愛でる会
http://www.manseibridgefreemarket.com/event/20180630-labotanica.html
https://www.facebook.com/events/2060406107363566/
会期:2018年6月30日(土)~7月1日(日)
時間:11:00〜20:00
会場:フクモリマーチエキュート神田万世橋店 MANSEI BRIDGE FREE MARKET
   (東京都千代田区神田須田町1-25-4)
出展者:

奥原しんこ http://www.shinko.cc/
長坂絵夢 https://www.emunagasaka.com/ ※7/1のみ
小木曽瑞枝+titta!titta!+aneto  http://mizueogiso.com/
小西真奈 https://www.instagram.com/manakonishi/
松原奈々 https://nanamatsubara.jimdo.com
泉啓司 http://izumikeiji.com/
石垣克子 https://www.facebook.com/katsuko.ishigaki.5
李晶玉 https://www.facebook.com/RiJongOk
松本力 ※6/30のみ
泉イネ http://inneizumi.blogspot.jp
ゆかい http://yukaistudio.com/
greenby(尾形良樹+SALT) http://greenby.jp/
YUI STEHANIE https://www.yui-stephanie.net/
Forager https://www.instagram.com/forager_nishihara_tokyo/(敬称略)

ミュージアムショップやトークを主役にして、架空の美術展を立ち上げる試み「Tokyo Parallel Museum」は、“おかいもの”を軸にして作り手と受け手の距離を近づけます。企画の第一弾として、植物をテーマにしてみました。美術館内に置くことが難しい植物の隣に、植物がモティーフとなったオリジナルグッズやアートピースが並びます。(企画:澤隆志)

10

main10th.jpg

Take Ninagawa 10th Anniversary
会期:2018年5月12日 - 6月23日
開廊時間:午前11時 - 午後7時 
※日,月, 祝日 休廊
会場:Take Ninagawa

レセプション
会期:2018年5月12日(土) 午後5時-9時

5月12日 土曜日 にアーティストを囲んでのレセプションパーティをいたします。お食事、お飲物をご用意してお待ちしております。

Kissport vol.278, Minato-city Community Magazine
Roppongi Street Painting Project

Kissport_20180505_1.jpgKissport_20180505_2.jpg
_DSC6065_Kazunari Hiroi.jpg
松本力「夕方の絵」撮影・広井一成

港区コミュニティ情報誌キスポート5月号
港区探訪◎港区のパブリックアート:第1回六本木トンネル(側道)の壁画
発行日:2018年5月5日
発行所:公益財団法人 港区スポーツふれあい文化健康財団、Kissポート財団
http://www.kissport.or.jp/zyouhousi/index.html

六本木トンネル側道の壁画が14年の歳月を経て、港区コミュニティ情報誌キスポート5月号に「港区探訪◎港区のパブリックアート」特集の第1回として掲載されました。
表紙は、鮫島大輔さんの「東京八景」です。
六本木トンネルの側道は柱があって、正面から壁画全体を撮れなかったのですが、港区コミュニティ情報誌キスポート5月号の取材でカメラマンの広井一成氏が広角レンズで撮影してくださいました。
PDF版も下記アドレスからダウンロードできます。
http://www.kissport.or.jp/backnumbers/pdf/Kissport_18-05.pdf


ROPPONGI STREET PAINTING youtube-3.png

2016年の六本木アートナイトの企画応募のプレゼンテーションのために、引きのない現場で撮った斜めな写真をVOQさんが補正してつなぎあわせてくれた映像を、YouTubeにアップロードしました。

La salon pour tromper le temps
Chikara Matsumoto × Ayami Sasaki "he meets no time capsule"

R0130101.pdf
31675832_10156199887925782_1427914611163660288_n.jpg31682407_10156199887890782_6662468413333438464_n.jpg

La salon pour tromper le temps
松本力 × 佐々木文美「he meets no time capsule ひ みつ の たいむかぷせる」
会期:2018年5日5日(土)~ 14日(月)
時間:月・水・木・金 18:00~22:00
   土・日     16:00〜19:00
会場:Gallery Hasu no hana (大田区鵜の木1-11-7)
※東急多摩川線鵜の木駅」より徒歩1分。改札出て左方向へ進み、交番の見える信号を渡り、さらに左方向へ進みます。長屋商店5軒目です。

☆ご来場の際にはドリンクオーダーください。
☆作品の販売はございません。代わりにドネーションboxを設置します。展示空間は、アートを買う、鑑賞するだけではなく、初対面の人たちとも民主的に、それぞれの意見を話し、聞く、といったディープな時間が持てる場です。
☆フードは基本ないので持ち込んでもOKです。(ゴミはお持ち帰りください。)

Gallery Hasu no hanaは2018年5月5日〜14日まで、ギャラリーではなくサロンとして営業いたします。珈琲他、各種ドリンク、アルコールなどご提供いたします。サロンの中心となるのは、松本力×佐々木文美の作品:「he meets no time capsule ひ みつ の たいむかぷせる」。
(※whenever wherever festival2018の中での福留麻里の企画として発表、佐々木文美がタイムカプセルを、松本力がタイムラインを担ったコラボ作品です)同イベントの会期中に蓄積されたコトとモノはHasu no hana で再び解き放され、再構築した場を作ります。作品を眺めるのもよし、ふらりと顔を出して談話するもよし。会期中には様々な催しものも予定しておりますので、ぜひお立ち寄りください。

サロンスケジュール
5/5(土)松本力
5/6(日)松本力・佐々木文美・福留麻里 18:00〜 VOQ ミニライブ
5/7(月)松本力・佐々木文美
5/9(水)松本力・佐々木文美
5/10(木)松本力・佐々木文美・福留麻里
5/11(金)松本力
5/12(土)佐々木文美 17:00〜 秋庭商店(久我原)によるワインと時間のお話
5/13(日)松本力  13:00〜15:30 下丸子文化集団追憶ツアー 要予約  定員に達したため締め切りました。

16:30〜/18:30〜 瀬戸山玄 ハイブリッド板芝居
5/14(月)松本力・佐々木文美・福留麻里 在りの実プロジェクトプレゼンテーション
※佐々木在廊時 ツアー有(15分程度)

佐々木文美|Ayami Sasaki
舞台美術家。FAIFAIメンバー。1983年鹿児島県出身。2005年多摩美術大学 映像演劇学科を修了。主に舞台美術。その他個人的に舞台美術や空間デザインとして、演劇、コンサート、展示MV等、多種多様な企画に参加する。建築家の岡真由美とsundiyという日曜日の勉強活動もたまにする。特技はホームパーティー。
http://www.faifai.tv
http://sasakiayami.tumblr.com

whenever wherever festival 2018

whenever wherever festival 2018 そかいはしゃくち.jpg

wwfes2018_3.24_omote.jpgwwfes2018_3.24_ura.jpg

whenever wherever festival 2018 そかいはしゃくち
会期:2018年4月26日(木)〜29日(日)
会場:北千住BUoY
主催:ボディ・アーツ・ラボラトリー
助成:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団
協賛:OCHABI Institute、御茶の水美術専門学校、御茶の水美術学院、OCHABI artgym、株式会社松下産業
参加アーティスト:こちら
各プログラム:こちら

he meets no time capsule ひ みつ の たいむかぷせる
松本力(アニメーション作家)×佐々木文美(舞台美術家)
キュレーター:福留麻里

会期:4月27日(金) 19:00−22:00
   4月28日(土) 11:00−15:00 / 17:00−20:00
   4月29日(日) 11:00−17:00
会場:BUoY エリアE
入場無料
入退室自由

タイムカプセルとは、大切なものを後世のために隠しておくというアイデアだ。中には未来人に届けたいメッセージが入ってる。一方我々はおなかの中で太古の昔からの進化を遂げて生まれてくると本で読んだ。生きてく時に発生する様々な動作は昔から引き継がれた知恵の塊のような気がしてきた。我々はそう言う視点から見るとタイムカプセルであると言っちゃってもいい気もしてきた。そうなんだけど、そうでもないけど、の間だろうけど、そういうふりして遊んだら、きっと未来とのコミュニケーションの仕方も達者になると思う。

関連イベント
楠美奈生|からだの時間のワークショップ
会期:4月27日(金) 13:00−15:00
会場:BUoY スペースD 
参加費:2000円
⇒詳細

佐々木文美|Ayami Sasaki
舞台美術家。FAIFAIメンバー。1983年鹿児島県出身。2005年多摩美術大学 映像演劇学科を修了。主に舞台美術。その他個人的に舞台美術や空間デザインとして、演劇、コンサート、展示MV等、多種多様な企画に参加する。建築家の岡真由美とsundiyという日曜日の勉強活動もたまにする。特技はホームパーティー。
http://www.faifai.tv
http://sasakiayami.tumblr.com

福留麻里|Mari Fukutome
1979年東京都生まれ。2001年より新鋪美佳と共に身長155cmダンスデュオほうほう堂として活動。独自のダンスの更新を試みる。2014年より個人活動開始。以来、劇場での作品発表、川原、公園、美術館、道など、様々な場所でのパフォーマンスやワークショップ、他分野の作家との共同制作などを継続的に行ない、いくつもの関係性とそのやりとりから生まれる感触や結 びつきや考えや動きを見つめ、紡いでいる。
https://marifukutome.tumblr.com

SUPERBEAT vol.02

ae5c2e9103218df76dc3a0e6ffe24fd7_357e32fc1cee8f067e53940d136debb2.jpg

スーパービート vol.02
会期:2018年4月21日(土)
時間:17:00-23:00
会場:Shibuya ROOTS (渋谷区宇田川町11-6 渋谷宇多川KKビル3階) 渋谷東急ハンズ前。mont-bell隣のビルです。
入場料:¥1,000 / 1drink

DJ Live Performance Artist
Sam Stocker and Satoshi Ikeda
ooedo-technica
キントウ
村上 裕
DJ onori
Hero 4
オルカノラー+松本力
and more

POTLUCK SCREENING
Chikara Matsumoto|Tale of Books, Town of Books

Tale of Books, Town of Books in MAT, Nagoya_omote.jpegTale of Books, Town of Books in MAT, Nagoya_ura.jpeg

POTLUCK SCREENING
松本 力「本の話、本の町|Tale of Books, Town of Books」
会期:2018年1月27日(土)〜3月17日(土)
時間:11:00~19:00(入場は閉館時間の30分前まで)
休館日:日曜・月曜・祝日
会場:Minatomachi POTLUCK BUILDING 3F(名古屋市港区名港1-19-23)
交通手段:名古屋市営地下鉄 名港線「築地口」駅下車、2番出口より徒歩1分
入場:無料
主催:港まちづくり協議会

関連トーク
日時:2018年2月10日(土) 15:30〜
会場:Minatomachi POTLUCK BUILDING 3F:Exhibition Space

A-N-G-E-L(4colors5elements) or Totem Pole
in ART FAIR TOKYO 2018

R0129285.pdfR0129279.pdfright photo by Sayaka Takasaki
A-N-G-E-L(4colors5elements) またはトーテムポール
MEIRO 2 or Me Too
会期:2018年3月9日〜11日
会場:東京国際フォーラム、E: GALLERY エクリュの森
https://artfairtokyo.com/

映像作品「MEIRO 2 or Me Too」とその原画を、自宅とアートフェア東京2018「GALLERY エクリュの森」の2つの場所で展示しています。
自宅では、ブラウン管テレビモニター5台を積み重ねた、ビデオアニメーションのインスタレーション「A-N-G-E-L(4colors5elements)あるいはトーテムポール」を行っています。各映像作品は、YouTubeで観ることができます。
多くの方々に映像作品を観ていただける好機を得ることができ、GALLERY エクリュの森の代表、田村燿子氏のご厚意に深く感謝申し上げます。

MEIRO 2 or Me Too
2015-2018
シングルチャンネルビデオ、DVD
再生紙、インク、水彩
¥150,000-
ed.1〜ed.10

※受注生産になります。
ご購入の方のためにオリジナルドローイングによる場面を追加して、その原画もお付けします。

ANGEL(4colors5elements).png

A_Atman.png
N_Nature_Unknown the View.png
G_Ghost_With Or Without You.png
E_Everyone Else.png
L_Live_MEIRO2_Me Too.png

4_A-N-G-E-L.jpeg

A-N-G-E-L(4colors5elements) or Totem Pole

A: Atman:
4colors5elements
A-N-G-E-L
Dance for Yona


N: Nature: Unknown the View






G: Ghost:
With Or Without You






E: Everyone Else
How Can I Attack My Evil Heart?
https://www.youtube.com/watch?v=VQ0aluFV-W0
Saigo no Indian(Last Indian)
https://www.youtube.com/watch?v=nhp-cHZoQG8
Tales of Angel
Another View Under A Himalayan Cedar
https://www.youtube.com/watch?v=Xe4GpIak-DE
Animal & Silhouette
https://www.youtube.com/watch?v=-tC_gN00Do4


L: Live⇆Evil:
MEIRO 2 or Me Too

s(k)now [ snow + know] 雪 、冬 、北 方 圏

sknow2018_omote_web.pdf
sknow2018_naka_yoko.pdf

s(k)now [ snow + know] 雪 、冬 、北 方 圏/展覧会及び活動記録展示、トーク&レクチャー
会期: 2018年2月17日 10:00 〜 2018年2月25日 18:00
※フライヤーのメインビジュアルを描かせていただきました。

s(k)now
国際的なアーティストによる滞在制作活動と活動成果発表プログラム
展覧会及び活動記録展示
会期:2018年2月17日(土)~25日(日) 10:00~18:00
会場:さっぽろ天神山アートスタジオ
主催:さっぽろ天神山アートスタジオ(札幌市/市民文化局国際芸術祭担当部)
協力:おとどけアート実行委員会
企画:小田井真美(AIRディレクター、公募審査員)
コーディネート:一般社団法人 AISプランニング
公募審査員:磯崎道佳(美術家)、島袋道浩(美術家)
※公募審査員によるプログラムアーティスト選考コメントはこちらへ⇒ブログ
※予約不要、無料

特別プログラム:トーク&レクチャー
1)都市のインフラとしてのオリンピック、創造と表現のインフラとしてのAIR
日時:2018年2月18日(日)11:00〜13:00
講師:白取 史之 (札幌オリンピックミュージアム 学芸員)
聞き手:小田井 真美

2)アーティスト・トークとクロージング・パーティ
日時:2018年2月25日(日) 15:00〜18:00
語り手:招聘アーティスト/ミッシェル アンジェリカ カビルド(ミカ)、 西松 秀祐
聞き手:磯崎 道佳(美術家、2017年度国際公募審査員)ほか

2017年度国際公募アーティスト・イン・レジデンス(AIR)事業について
札幌市は、積雪寒冷地に200万人もの人が暮らす世界でも珍しい大都市です。その独特な都市生活を支える存在として雪対策室といった専門部署も備えられています。1972年に開催された冬季オリンピック札幌大会で、札幌は都市化を加速させました。都市生活を支える独自の除雪のしくみ、ロードヒーティングや地下道といったインフラや交通、人々の日常的な行動や所作、さらにはスポーツ雪まつりといったイベントに至るまで、都市を生成するさまざまな創造力が、雪との共存の試みの中に現れています。このように日本という国の中で札幌、北海道を眺めるとき、この地域が独特な自然環境や人の営み、歴史を有していると気付かされます。同時に国境にとらわれない視点でこの地域を眺めると、本来この地域が北方圏に属し、私たちの営みは北方文化のなだらかなつらなりの南端に位置しているとわかります。今年度の国際公募プログラムではこれら2つの視点を交わらせ、アーティストの創造力によっていまある境界線を軽々と超えていく試みにしたいと考えています。
アーティストは、「冬・雪・北方圏」これら3つのキーワードを軸にしたそれぞれのアイデアを、滞在制作を通して深めていきます。
アーティストによるリサーチ、制作への新しい展開につながる機会を提供するとともに、地域やそこに暮らす人々にとっては、アーティストやその活動、作品との出会いによって「冬・雪・北方圏」に対する受け止めかたを再確認したり、拡張したり変化するような新鮮な機会になれば幸いです。

アーティスト・イン・レジデンス(AIR)事業概要
さっぽろ天神山アートスタジオでは、冬季札幌・北海道をフィールドに、国内外で活動するアーティストが滞在型制作(調査研究と作品制作)を行うための支援として美術分野のアーティストを招聘しています。
プログラムキーワード『冬・雪・北方圏』に対して 256件の応募の中から選ばれた2名が滞在制作活動の成果を展示とアーティスト・トークで発表します。 2名のうち1名は、コミュニティプログラム(アーティスト・イン・スクール/協力:おとどけアート実行委員会)を通じて学校でも活動、もう1名はエキシビジョンプログラムとしてリサーチベースで作品制作を行います。制作過程で審査にあたった美術家との対話(コーチング)を経て展覧会を構築します。
滞在期間: 2018年1月13日(土)〜2月25日(日)

コミュニティ・プログラム
ミシェル・アンジェリカ・カビルド(ミカ)http://www.mica-cabildo.com
フィリピンの首都マニラを拠点にデザインを学んだのち、アートとデザイン、2つの分野を往来しながら制作活動を行っています。札幌での滞在制作に向けたプレリサーチで「海岸沿いに砂が延々と続くフィリピン」と「雪と氷が尽きることのない冬の北海道」、まるっきり異なるこの2つの場所をつなぐ存在として、雪の上に現われる「砂」を発見、札幌でのプロジェクトプランを作成しました。現地でリサーチ活動と並行して、澄川南小学校でワークショップ野外作品を制作し、最後に天神山アートスタジオで活動全てのドキュメントを作成し公開します。
※澄川南小学校での活動を公開します。(予約制の見学) 見学の申込方法は、Eメールか電話で担当者にご連絡ください。

アーティスト・イン・スクールについて
日本では高度経済成長期にマンモス化した公立の小・中学校の校舎が、少子化が進み、校舎の中に空き教室が生み出されるようになってきました。この時代の変遷で生まれた「すきま」をアーティスト・イン・レジデンスの新しいサイトとして見出し、子ども達の通う(現役の)小学校の余裕教室をアトリエにして、アーティストが一定期間、一時的に滞在し、制作活動を行うプログラムです。アーティストは、学校を拠点にした制作活動を通じて、子どもたち、教職員、保護者、地域住民などコミュニティに新しい交流をつくりだしていきます。
期間:2018年2月1日(木)から13日(火)、約2週間
場所:札幌市立澄川南小学校
見学申し込み先(担当:小林):Eメール info@tenjinyamastudio.jp
TEL : 011-820-2140

エキシビジョン・プログラム
西松秀祐 http://shusukenishimatsu.com
岐阜(日本)出身、5年に渡りドイツを拠点に活動を続け、今後は日本での活動を模索していきます。活動はコンセプトに基づいて制作され、写真、映像、ストーリーテーリングなど多様な作品携帯を用いています。このプログラムでは過去のアルバイト経験で気になり始めた「物流」と北海道を出発点に、運送業、漁港、船に関するリサーチを行いました。また、滞在に伴う、札幌の暮らし、雪との付き合い、現地の人々との対話をてがかりに、雪(自然)と人(都市生活)の境界を探し、共存する領域について制作します。

JAPAN ART CONVINI 2018

DSPglc7V4AADiAo.jpg

新春二〇十八 現代日本の芸術市場
会期:2018年1月1日〜1月3日
会場:ホテルニューオータニ ザ・メイン おり鶴 舞の間/麗の間 (千代田区紀尾井町4‐1)
交通:東京メトロ銀座・丸ノ内線「赤坂見附」駅、D紀尾井町口から3分
   東京メトロ半蔵門・南北線「永田町」駅、7番口から3分
   東京メトロ有楽町線「麹町」駅、2番口から6分
   JR中央・総武線、東京メトロ丸ノ内・南北線「四谷」駅、麹町・赤坂口から8分

芸術市場
会期:平成30年元旦~3日
時間:11:00-19:00(2日は18:00まで)
会場:ホテルニューオータニ ザ・メイン おり鶴 舞の間

芸術工房
会期:平成30年元旦 17:00-19:00
   1月2日 16:00-17:30
   1月3日 11:00-18:00

芸術寄席
会期:平成30年1月3日
時間:11:00-19:00
出演:久保田耀予 11:00-11:30
   GAMO fineart and music 11:50-12:30
   金沢健一 12:50-13:20
   わらし 13:40-14:10

VOQ+松本力 14:40-15:20
   清水敏郎 15:50-16:30
   SWOrn:ie 17:00-17:40
   トマソンズ 18:10-19:00

テオの帽子アトリエでは「現代日本の芸術市場 新春2018」の「芸術市場」に参加して、母で帽子作家の松本由伎子が心をこめて作った一点もの、デザイン制作したアートな帽子の展示と販売をいたします。紳士や婦人、若い方々に、気軽に楽しく被れる個性的な表現の帽子を展開します。松本力も「芸術工房」や「芸術寄席」に参加して、絵巻物マシーンによるアニメーションワークショップ「踊る人形」や音楽家VOQとのライブパフォーマンスを開催します。すべて入場無料です。ライブは、投げ銭はうれしいかも。遊びに来ていただけたら幸いです。

Okinawa Prefectural Museum & Art museum, Exhibition Gallery
A Reunion with the Sea: Realism as Modern Asian Thought.

J_E_omote_[L].jpg
J_E_ura[L].jpg
26001197_10208033961806066_5707547854572654715_n.jpg
26169510_10208033987926719_4541705356255859370_n.jpg

沖縄県立博物館・美術館開館10周年記念展『邂逅の海―交差するリアリズム』
会期:2017年12月19日(火)~2018年2月4日(日)
会場:沖縄県立博物館・美術館企画ギャラリー1,2
観覧料:一般1,000円(800円)、高校・大学600円(480円)、小・中学生300円(240円)※( )は前売および20人以上の団体料金。障がい者手帳をお持ちの方と介助者1名は半額。本展観覧券で「彷徨の海」もご覧になれます。
休館日:月曜日(ただし1月8日(月)は開館、9日(火)は休館)、12月29日~1月1日  
開館時間:9:00~18:00(金・土は20:00まで)※入場は閉館の30分前までHours: 9:00-18:00
主催: 沖縄県立博物館・美術館
助成:芸術文化振興基金
協力:沖縄県立芸術大学、国立大学法人琉球大学、沖縄大学、台北駐日經済文化代表處那覇分處、台湾美術院、財團法人陳澄波文化基金会、中琉協会、八重山台湾親善交流協会沖縄支部、那覇日台親善協会、琉球華僑總會、一般社団法人琉球台湾商工協会
後援:一般社団法人沖縄県美術家連盟、沖縄女流美術家協会、沖縄県文化協会、沖縄県教育委員会、那覇市文化協会、NHK沖縄放送局、沖縄テレビ放送株式会社、琉球放送株式会社、琉球朝日放送株式会社、株式会社エフエム沖縄、株式会社ラジオ沖縄、沖縄タイムス社、株式会社琉球新報社、株式会社エフエム那覇、一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー
お問い合わせ:沖縄県立博物館・美術館 〒900-0006沖縄県那覇市おもろまち3丁目1番1号TEL:098-941-8200(代表)
参加作家:石田尚志、我喜屋位瑳務、嘉手苅志朗、喜舎場盛也、儀保克幸、金城徹、金城満、良優季、多田弘、照屋勇賢、仲里安広、波多野泉、ジュン・グェン=ハツシバ、愛華、平敷兼七、前田比呂也、松本力、谷篤司、山城えりか、袁廣鳴(ユェン・グァンミン)
las barcas:井上間従文、岡田有美子、親川 哲、阪田清子、新城 郁夫、砂川敦志、仲宗根香織、根間智子、濱治佳、山城知佳子 (五十音順)

松本は、8月5、6日と同美術館で開催した子どもたちとのアニメーションワークショップ「踊る人形」での作品と、企画展の主旨に賛同して、各地での滞在から制作したアニメーション映像作品を展示して、北海道夕張と鳥取県大山の景色とイメージを沖縄へ運びます。どうぞ、沖縄へ行かれることがありましたら、お立ち寄りいただけましたら幸いです。

Tamagawa Open Atelier 2017

23600380_10155924246732430_995274868_o.png23585084_10155924246867430_1318148360_o.png23627262_10155924246932430_1824992838_o.png

多摩川オープンアトリエ2017
会期:2017年12月9日〜10日 
時間:12:00〜18:00
窓口:Hasu no hana (大田区鵜の木1-11-7) or くりらぼ多摩川 (大田区矢口1-21−6)
参加費:500円

参加アーティスト:多摩川線4駅5箇所で開催。
多摩川駅→市川平(特殊照明作家)、松本力 (絵かき/映像[アニメーション]作家)
沼部駅鈴木侑馬(シルクスクリーン)
鵜の木駅→長坂絵夢(鉄アーティスト)in Hasu no hana、
sundiy 岡真由美(建築家)& 佐々木文美 (舞台美術)
武蔵新田駅→新垣美奈(painter)、臼井良平(アーティスト) in くりらぼ多摩川
訪問ダンス:福留麻里(ダンサー/振付家)

町工場が多く、ものづくりの町として知られている大田区。
ここ数年では、大きなアーティストのアトリエなどもオープンし、大田区のアート事情に新しい風が少し吹き始めています。
しかし、大田区は美術館が少なく、またコンテンポラリーアート系のギャラリーはまだまだ少ない現状にあります。

多摩川線鵜の木駅、Gallery Hasu no hanaが2011年に開廊すると、そこを通じて、近隣で活動するアーティストの点と点がつながりはじめました。そして組織的なものを作らず、アーティストがそれぞれ自主的に参加し、制作場を公開したり、作品を発表する形で、2015年11月に多摩川オープンアトリエを初開催しました。
今年は12月上旬、幅広くものづくりという観点から、おおたオープンファクトリーとも連携したり、アーティスト同士でコラボをする形で開催いたします。

SUPERBEAT vol.01

22008101_1614553455274232_4141951040955763075_n.jpg

スーパービート 01
会期:2017年11月4日(土)
時間:23:00-5:00
会場:SHIBUYA ROOTS(渋谷区宇田川町11-6 渋谷宇多川KKビル3F)
入場料:¥1,000 / 1drink
出演:DJ onori、Hero 4、オルカノラー+松本力、and more

NAKED DINNER
MoOog YAMAMOTO (DJ) + Hibiki TSUGE (Photographer)

NAKED DINNER_omote_b5.jpgNAKED DINNER_TEXT_B5.jpg

裸のディナー
会期:2017年11月4日(土)
時間:20:00〜23:00
会場:クワランカ カフェ (東京都武蔵野市吉祥寺南町1-8-11弥生ビル3F ☎ 080-5658-347)
出演:山本ムーグ (DJ) 、柘植響 (写真)
https://www.facebook.com/qwalunca/?hc_location=ufi

We will hold the gathering, "Naked dinner " which shares music+photography at QWALUNCA CAFÉ, Kichijyoji.
その死の先を直視しないのは生の限界を想像しないことである。欲望の過剰な暴力に従うこと。音の渦にて。Hibiki

Artist Initiative commandN
20th Anniversary Exhibition
Open the New page!

004015_01.jpg

コマンドN 20周年企画「新しいページを開け!」
会期:2017年10月20日(金)〜11月12日(日)
時間:11:00〜20:00 ※最終入場時間 19:30
会場:3331アーツ千代田 1F メインギャラリー
料金:一般 800円、大学生・専門学校生・65歳以上 700円
※10名以上の団体様は各料金から100円割引
※千代田区民、高校生以下、障がい者およびその同伴者 無料
※会期中無休
http://www.3331.jp/schedule/004015.html

2002年の最後の「akihabaraTV」となった「第3回国際共同美術展シティービデオインスタレーション秋葉原TV/akihabara TV_03」に「48のネオン/48 Neon Signs」という1分の手描きアニメーションで作品で参加しました

Hello Goodbye 2017
The Wonderful future about a graduate of Chiba University

21105730_1410950342335215_3135646197718018806_n.jpg

ハローグッバイ2017 -千葉大生にまつわる素敵な末路-
会期:2017年10月14日(土)
時間:開場 15:30 開演16:00 終演19:30
入場料:大人¥1500+1D / 高校生¥1000+1D /中学生以下無料
会場:高円寺HIGH
出演:東京ピース倶楽部、Gum Drops、家族関係、JIMMY POPS、THE LOW NUMBERS、オルカノラー + 松本力、マモル&ザ・クリティカルヒッツ
グラフィック:morld

Wathann Film Festival #7
Another Landscape

21032508_1541248699230126_3207222168832448310_n.jpg

ワッタン映画祭#7「Another Landscape」
会期:2017年9月6日(水)〜11日(月)
会場:WAZIYA CINEMA (ヤンゴン、ミャンマー連邦国)
企画:東京都写真美術館 田坂博子氏

ミャンマーはヤンゴンで開催される「ワッタン映画祭#7」(9/6-11)の「Another Landscape」プログラムで、東京都写真美術館のコレクションから田坂博子さんが選んでくださって、「オワリ山の一日/Sitting in the Sunshine, Don't Know Where I Go.」が上映されます。
My animation "A Day of Owari-yama Mt. / Sitting in the Sunshine, Don't Know Where I Go." will show at the program "Another Landscape: from Collection of the Tokyo Photographic Art Museum Curated by TASAKA Hiroko" of "Wathann Film Festival #7"(Sept. 6th-11th) in Yangon, Myanmar on September 7, 2017.

http://www.wathannfilmfestival.com/166392/another-landscape
https://www.facebook.com/wathannfilmfest/photos/a.1541246249230371.1073741873.179386738749669/1541247329230263/?type=3&theater

Not of Profit Organization "raco" presents
Chikara Matsumoto Talking and Screening

matsumoto_flyer.jpg

松本力 アーティストトーク+作品上映会
会期:2017年8月5日(土)
時間:20:00~21:30
会場:BARRAK (那覇市大道35-5)
料金:一般1,000円/ 学生500円 (1drink付)
定員:30 人 (事前申込/先着)
協力:BARRAK
申込み・問い合わせ: racokinawa(at)gmail.com
(at)を@に変えて送信ください。

約3年ぶりとなる美術家・松本力の来沖に合わせ、トークと作品上映会を行います。
一コマずつのドローイングと透過光を加えたビデオ撮影のアニメーションの制作で、絵による映像表現を目指しています。
異ジャンルのアーティストとのコラボレーションも多く、演劇、ダンス公演での上映や、「音楽家VOQ」のライブに参加し、映像と音楽の音像空間表現を行うなど、活動の幅も多岐に渡ります。
今回は、学生の頃のお話から最近の主な活動についてお話し頂きます。

Okinawa Prefectural Museum & Art Museum
Children's Festival 2017 for Summer Vacation

bi(2).jpghaku(1).jpg

沖縄県立博物館・美術館
夏休み!こどもフェスタ 2017
動く動く海のアニメーション
踊る人形, The Animation of Dancing Men
海の向こうはココ!まなざしの冒険☆
会期:2017年8月5日(土), 6日(日)
時間:10:00~15:00(お昼休み1時間あり)
会場:県民ギャラリースタジオ
講師:松本 力(アーティスト)
対象:未就学から高校生まで
定員:各日15組30名(1人での参加も可・未就学のお子様は保護者同伴)
参加費:1名300円、親子(何人でも)500 円
募集期間:2017年7月6日(木)~12日(水)
参加方法:事前申込制。希望する教室の番号を第2希望まで選択し、当チラシの応募票をご記入の上、FAX・郵送・来館(総合案内)にて、ご提出下さい。
※応募者多数の場合は、抽選にて、当選者のみ7/17(月)までにハガキで通知します。
※電話での申し込みはできません。
※郵送、来館の場合は、お手元にコピー等の控えをお持ち下さい。
※各当日16:00からエントランスにて上映

海の向こうは、どんなだろう?と、海岸にたって、眺めて想いにふけっているとき。
海の向こうの人も、そう、想っているかも☆
海の中の人?も、そう、想っているかも☆
さかさまにかんがえたら、海の向こうは、ココです。身体の中に海があります。
日々、自分が何を考えて何をおもしろいとおもって暮らしているか。
海の向こうをみるような、海の中からあこがれたような、まなざしで、伝えてあげたい。
一生、出会えないかもしれないのに、もう、出会っているかもしれない。
だれかがおもったことを、だれかがおもっていてくれる。

NPO Banromsai Japan + artdish g
HOTEL WBF ART STAY NAMBA

170515aso-1815-HDR.tif

NPO法人バーンロムサイジャパン+artdish g
ホテルWBFアートステイなんば(大阪市浪速区日本橋5-2-3)
交通機関:地下鉄「恵美須町駅」徒歩5分
お電話でのご予約:06-6636-4690
アートワーク:淺井裕介、笠井麻衣子、川内倫子、炭田紗季、志賀理江子、高田安規子・政子、はまぐちさくらこ、松本力、米田知子 (敬称略、五十音順)
設計:株式会社アーキヴィジョン広谷スタジオ
アートディレクション:沢渡麻知 (artdish g)
主催:NPO法人バーンロムサイ

アニメーション作品「ななしのながめ」("Unknown the View" / 2013 / music: VOQ, "fallon")の原画を壁紙にして、ホテルの一室がつくられています。

「文化・アートと寄り添うホテル」というコンセプトのもとに、沖縄・那覇市の国通りにオープンしたばかりの「ホテルWBFアートステイ那覇」は、「バーンロムサイ」の子どもたちが描いた絵と、9名の写真家、石内都、川内倫子、木村友紀、志賀理江子、進藤環、長島有里枝、名取洋之助、野村佐紀子、米田知子による作品を壁面に展開、各客室すべてが違う絵柄、レイアウトで構成され、部屋自体がひとつの異空間=旅となるようなホテルとなりました。また、続く二棟目となり現在施工中である「ホテルWBFアートステイなんば」も、子どもたちが描いた絵と、淺井裕介、笠井麻衣子、川内倫子、炭田紗季、志賀理江子、高田安規子・政子、はまぐちさくらこ、松本力、米田知子の協力のもと、大阪・難波に5月にオープンします。
 客室をのびやかに楽しく彩る子どもの絵は、1999年12月、北タイ・チェンマイ郊外に設立されたHIVに母子感染した孤児・遺児たちの生活施設「バーンロムサイ」の子どもたちによるものです。「バーンロムサイ」では、「絵を描くこと」により子どもたちの免疫力を表す数値が回復し「つくり出す力」に命を支えられた経緯から、薬だけではなく、沢山のボランティアや技術指導をしてくださる方々の協力のもとに、衣食住の中にも創造力を育てる+artの思いをベースとし今に至ります。
 そこにある、目に見えないクリエイティブのちからを信じてできる事。その筆頭としてのホテルプロジェクトは、株式会社ホワイト・ベアーファミリーの協力を得て現れたかたちです。
 場所を問わず、形式にとらわれることなく、垣根を越えて繋がり合う事ができるのではないでしょうか。

バーンロムサイ 名取美穂
artdish g 沢渡麻知

ホテルWBFアートステイ那覇 (沖縄県那覇市牧志1-3-43)
お電話でのご予約:098-861-7070
アートワーク:名取洋之助、石内都、川内倫子、木村友紀、志賀理江子、進藤環、長島有里枝、野村佐紀子、米田知子

Dance Avant Garde Duo 86B210
"LABO" are held on the third Friday of even numberd month

18447602_1535809456497109_5010724015300581178_n.jpg

アヴァンガルドダンスデュオ 86B210
空間実験室LABO
会期:2017年6月16日(金) 20:00 -
会場:Art Space呼応Co-oh
入場料:2500円(1 drink付き)
照明音響:新村貴樹
出演:
Maresuke (コントラバス奏者) http://maresuke.air-nifty.com/
86B210 (ダンス) http://www.geocities.jp/dance86b210/index.html
松本 力 (絵かき、映像・アニメーション作家)

Abracadabra of Drawing

Abracadabra of Drawing_omote.jpegAbracadabra of Drawing_ura.jpeg

アブラカダブラ絵画展
会期:2017年6月3日(土)~7月30日(日)
開館時間:平日 10:00〜17:00, 土・祝前日 9:30〜19:00, 日・祝 9:30〜18:00
会場:市原湖畔美術館
入場料:一般800(700)円/大高生・シニア(65歳以上)600(500)円( )内は20名以上の料金
中学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその介添者(1名)は無料
企画:カトウチカ
主催:市原湖畔美術館(指定管理者:株式会社アートフロントギャラリー)
協賛:株式会社中川ケミカル

特設サイトとブログをつくりました。
Abracadabra of Drawing

Facebookイベントページです。
アブラカダブラ絵画展 6/3~7/30
Abracadabra of Drawing | Workshop & Performance 7/15~17

オープニング記念イベント
会期:2017年6月3日[土] 17:00 - 19:00
初日の3日(土)には、展覧会のオープンを記念して、ゲストキュレーターと出展作家によるギャラリーツアーを開催します。また、出展作家の村田峰紀と白井美穂による2組のライブパフォーマンスが行われます。ぜひ皆様お誘いあわせの上、ご来場ください。

ゲストキュレーターよる展覧会ガイドツアー 17:10 - 17:45 (16:30受付)

《03/06/2017 drawings》村田峰紀 18:00 - 18:20
自らの身体を酷使し、言語化することができない身体感覚を鑑賞者に示すことで強いインパクトを与えるゲリラ的なパフォーマンス。

《自叙画譜》白井美穂+中川敏光(サウンドアーティスト)+沖啓介(古典楽器演奏家)18:30 - 19:00
近代の異端画家、秦テルヲのテキストを引用しながら即興のパフォーマンス。電子楽器を駆使し白井美穂の声をリアルタイムに再構成する。ラップトップPCや自作楽器を使ったライブを中心に活動する中川敏光と、今回は中国楽器の古琴と南蕭を演奏する沖啓介とのコラボレーション。

※申込み等の詳細は5月上旬に改めてお知らせします。
※ライブパフォーマンス終了後、カジュアルなパーティを予定しております。是非、お気軽にお越しください。

アブラカダブラ・アート祭
7月15日[土]~17日[月・祝]の3連休には、子どもも大人も楽しめる魔法の絵を描くワークショップをを開催いたします。
15、16日には湖畔のピクニックマーケットを同時開催予定。(マーケットは雨天の場合中止)

《ドローイングマシン》村田峰紀
日時:7月15日[土] 11:00 - 16:00(途中休憩有)
会場:美術館入口、館内、芝生広場
参加費:100円/1枚
対象:どなたでも、定員なし
作家がドローイングマシンになります。お客様がお金を入れると、作家がドローイングを描いて、お客様に手渡します。

《アニメーションワークショップ「踊る人形」》松本力
日時:7月15日[土], 16日[日] 11:00 - 16:00(途中休憩有)
参加費:300円/1名
対象:どなたでも、定員なし
芝生広場にスーツケース型絵巻物マシーンと巻物状の紙をひろげ、参加者のみなさんと絵を描きつなぎ、アニメーションを作ります。
☆完成したアニメーションは、こちらです。

《オルカノラー+松本力ライブパフォーマンス》
日時:7月17日[月・祝] 13:00 - 14:00
オルカノラー(音楽家VOQ+snakeG)を迎え、音楽とアニメーションのパフォーマンスです。

※このほかにも、イベントを企画しております。決定次第こちらのページ及びFacebookにてお知らせいたします。
※申込み等の詳細は5月中旬に改めてお知らせします。

Ichihara Art Window
Vol.3: Chikara Matsumoto, "48 Quantum of Solitude"

iaw_matsumoto_0408_1.jpgiaw_matsumoto_0408_2.jpg
IAW3_flyer_omote.pdfIAW3_flyer_ura.pdf

イチハラ・アート・ウィンドウ
第3回 松本力 48 クォンタム オブ ソリテュード(孤独の報酬)
会期:2017年5月3日(祝・水)~5月21日(日)
開館時間:平日 10:00〜17:00, 土・祝前日 9:30〜19:00, 日・祝 9:30〜18:00
会場:市原湖畔美術館 多目的ホール
入場料:入館料は展覧会ごとに異なります。
当館のウェブサイトから、各展覧会の入館料をご確認いただけます。(中学生以下無料)
企画:カトウチカ
主催:市原湖畔美術館(指定管理者:株式会社アートフロントギャラリー)

オープンアトリエ
会期:5月3日(水・祝)~5日(金・祝) 10:00~18:00
※5月3日(水・祝) 14:00~17:00 オープニングレセプション
どなたでもご参加いただけます。

アニメーションワークショップ「踊る人形」
会期:5月13日(土) 10:00~16:00
参加費:300円/1名、500円/親子2名
※どなたでもご参加いただけます。 (定員30名/小学生以下の方は、保護者同伴)
ストップモーション・アニメーションの技法で、ポーズをとる人と、その絵を描く人とが交代しながら、それぞれの想像をつなぎあわせます。
☆完成したアニメーションは、こちらです。

トーク
会期:5月14日(日) 13:30~15:00
ゲスト:成相肇東京ステーションギャラリー学芸員)
※参加無料、入館料別途。

音楽と映像のパフォーマンス「みずうみをわたるうたごえ」
会期:5月14日(日) 15:30~16:30
ゲスト:VOQ(音楽家)
※参加無料、入館料別途。

お申込:https://ssl.form-mailer.jp/fms/7d4610ad469255

松本力が48年とそのアニメーション作品に、分析的思考で対峙するものです。絵かきとしての記憶と想像で、ことばとえのリフレクションを数えて、時間に道標をおくような、信じつづけなければならないものを対象化する試みです。これまでの作品と、進行中の作品を公開いたします。

自己認識として、映像は記憶にかたちを与える行為であると感じる。また、ストップモーションによるアニメーション制作を、絵による映像表現と位置づけて、時間芸術のひとつの可能性と解釈を探ることを目指すものである。映像作品は、人の意思と意図によって、心的な瞬間に表され、道標のように置かれるものである。そのような一個人の精神の連なりを、内包する批評性において、他者との関係性という外界で分析し、反射する。また、その外界を想像することで、相対する身体性に、発展的に幾度も回帰するような、意味の瞬間を観る感覚を表象するものである。

『慰めの報酬』という小説と映画がある。ぼくでいえば、そのクォンタムは、孤独な夢想のクオリアだ。
くるおしい夕方の光、夜のしじまから薄暗い空、一日の終わりに永遠の像を結ぼうと試みる。ドーンからダークの間、混沌のなかに秩序を見出そうとする、デイドリームとナイトウォッチがある。無意味さをつらぬくような、きみのまなざしがとどく。ほんのいっしゅんでしかないけれど、たましいは自分のように自分をみる。どこか遠いところではなくて、きみとのあいだに、どちらでもない場所があって、その境界線上を直走る。そこに自分がいるのを知って、その記しを憶えている。自分を助けるのは自分だ。心をつくして、いままでもこれからも意味の瞬間を観る。
48は折り返しだが、おいてきたことばのリフレクションとして、意味の分析をつづける意図と意志の表象だ。
閉じるな、開けゴマ。さようならば、もうなにもいわなくてもいいことがある。
もし、ぼくがまちがっているとしても、いまのところ、そういうものだ。
(松本力)

Oomori Art Festa 2017
KIWA, bitter orange zigzag

KIWA_junction1.jpeg
KIWA_dm_2.jpg
logo of 橙色のUNERI bitter orange zigzag_bo2.jpg
KIWA_junction2.jpegKIWA_overpass1.jpegKIWA_tunnel.jpegKIWA_station2.jpgKIWA_station1.jpgKIWA_station3.jpegKIWA_station4.jpegKIWA_overpass3.jpegKIWA_overpass2.jpegKIWA_range1.jpegKIWA_range2.jpegKIWA_range3.jpegKIWA_doki.jpeg

大森アートフェスタ2017
「キワ 際 - 橙色のUNERI」展
会期:2017年3月19日(日)〜20日(月) 11:00〜18:00
会場:PAROS GALLERY (東京都大田区大森北4-23-12)
参加作家:伊勢裕人, 高橋輝雄, 松本力
主催:大森アートヴィレッジプロジェクト
企画:たかだあや, 鳥山裕加

 大森はひとつの人の営みをあらわす記号です。人が行き来する、様々に意味付けられてきた地域です。大きな町がつくられて、やがて都市となった関東平野の盆地の外れに、水際に臨む台地のうねがあり、眺望がありました。縄文人の足跡が貝塚として露出し、武士の山城として、文士らが集う村として呼ばれた、有機的な感情が地層のように重なり合ってきた舞台でした。大森アートヴィレッジプロジェクトは、その意味を探索するため、町歩きから季刊誌の取材と発行、文化の観点で地域活動やアートイベントを続けてきました。そして「町中でのアートとは何か」をあらためて問い直すべく、絵画の伊勢裕人、立体の高橋輝雄、映像の松本力、3名のアーティストを迎えて「際 ー 橙色のUNERI」展を開催します。彼らもこの町の住人でもあり、そこに流れる感情を綴ってきた表現者たちです。
 この展覧会の観点は「際」です。これは町で感じている雰囲気、ささやかでぼんやりとした共感と違和感です。日々の視線の先におぼろげに浮かび上がる、どちらでもない場所で、ひっそりとたたずんでいる思いやかくされた意図を眺めているのです。坂から坂への高低差に、暗渠になった川の流れに沿うように、うねりながらたどる道筋の日常の行為で、感情を反復する、意味の瞬間があります。それらが囲んで重なりあう、意味の集合の境目に追いやられて、吹き溜まっている曖昧な記憶は何か。境界線上を動きつづける視線で、古代からの土地の色、燃える精神の太陽の色として、橙色に照らされる感情の「うねり」を想像しています。そのような空間の経験が、キワにはあるといえるのではないでしょうか。
 ぜひ、町中の美術展に足をお運びいただけたら幸いです。

大森アートヴィレッジプロジェクト

CHILDREN'S HOME ban rom sai JAPAN + artdish g: HOTEL ARTSTAY NAMBA
URANO: Somewhere I Have Never Travelled

UV_b5x3_1.jpgUV_b5x3_2.jpgUV_b5x3_3.jpgUV_b5x3_5.jpgUV_b5x3_4.jpg
UV_b5x3_1d.jpgUV_b5x3_2d.jpgUV_b5x3_3d.jpgUV_b5x3_4d.jpgUV_b5x3_5d.jpg

NPO法人バーンロムサイジャパン+artdish g
ホテルWBFアートステイなんば
会期:2017年5月オープン予定
会場:ホテルWBFアートステイなんば (大阪市浪速区日本橋5-2-3) 地下鉄「恵美須町駅」徒歩5分
アートワーク:淺井裕介、笠井麻衣子、川内倫子、炭田紗季、志賀理江子、高田安規子・政子、はまぐちさくらこ、松本力、米田知子 (敬称略、五十音順)
※アニメーション作品「ななしのながめ」("Unknown the View" / 2013 / music: VOQ, "fallon")の原画を壁紙にして、ホテルの一室がつくられています。

ホテルWBFアートステイ那覇 (沖縄県那覇市牧志1-3-43)
お電話でのご予約:098-861-7070
アートワーク:名取洋之助、石内都、川内倫子、木村友紀、志賀理江子、進藤環、長島有里枝、野村佐紀子、米田知子

設計:株式会社アーキヴィジョン広谷スタジオ
アートディレクション:沢渡麻知 (artdish g)
主催:NPO法人バーンロムサイ

アートホテル完成記念展覧会
Somewhere I Have Never Travelled 〜 切り火を持って
会期:2017年3月11日(土)〜4月15日(土)
オープニングレセプション:3月11日 (土)
開廊時間:火〜木 11:00〜18:00 / 金 11:00〜20:00 / 土 11:00〜18:00
会場:URANO (東京都品川区東品川 1-33-10-3F) 03-6433-2303
参加作家:淺井裕介、石内都、笠井麻衣子、川内倫子、木村友紀、進藤環、炭田紗季、高田安規子・政子、 長島有里枝、名取洋之助、野村佐紀子、はまぐちさくらこ、松本力、米田知子 (敬称略、五十音順)
※アニメーション作品「ななしのながめ」("Unknown the View" / 2013 / music: VOQ, "fallon")、「さいごのいんでぃあん」("Last Indian" / 2014 / music: VOQ, "whoyouare") をブラウン管モニターで展示します。

「文化・アートと寄り添うホテル」というコンセプトのもとに、沖縄・那覇市の国通りにオープンしたばかりの「ホテルWBFアートステイ那覇」は、「バーンロムサイ」の子どもたちが描いた絵と、9名の写真家、石内都、川内倫子、木村友紀、志賀理江子、進藤環、長島有里枝、名取洋之助、野村佐紀子、米田知子による作品を壁面に展開、各客室すべてが違う絵柄、レイアウトで構成され、部屋自体がひとつの異空間=旅となるようなホテルとなりました。また、続く二棟目となり現在施工中である「ホテルWBFアートステイなんば」も、子どもたちが描いた絵と、淺井裕介、笠井麻衣子、川内倫子、炭田紗季、志賀理江子、高田安規子・政子、はまぐちさくらこ、松本力、米田知子の協力のもと、大阪・難波に5月にオープンします。
 客室をのびやかに楽しく彩る子どもの絵は、1999年12月、北タイ・チェンマイ郊外に設立されたHIVに母子感染した孤児・遺児たちの生活施設「バーンロムサイ」の子どもたちによるものです。「バーンロムサイ」では、「絵を描くこと」により子どもたちの免疫力を表す数値が回復し「つくり出す力」に命を支えられた経緯から、薬だけではなく、沢山のボランティアや技術指導をしてくださる方々の協力のもとに、衣食住の中にも創造力を育てる+artの思いをベースとし今に至ります。
 そこにある、目に見えないクリエイティブのちからを信じてできる事。その筆頭としてのホテルプロジェクトは、株式会社ホワイト・ベアーファミリーの協力を得て現れたかたちです。
 場所を問わず、形式にとらわれることなく、垣根を越えて繋がり合う事ができるのではないでしょうか。

バーンロムサイ 名取美穂
artdish g 沢渡麻知

ITONAMI - DAISEN in TOKYO

17101468_10154274721961406_150198081_o.png
17101240_10154274721426406_1374549341_o.png

「アート×地域」イトナミダイセン in TOKYO
会期:2017年3月11日(土) 12:30〜21:30
会場:aptp (東京都中野区東中野3-16-14 5階 ​tel. 03-6304-0125)
http://www.aptp.jp/
https://www.facebook.com/aplacetoplay/

鳥取県大山エリアを活動拠点とする「アート×地域」の取り組み『イトナミダイセン』をそっくりそのまま東京にもっていって、みなさんにお披露目します!大山と関わりのあるアーティストたちが東京・東中野に大集結!?

第1部『森まもりの森の中 in 東中野』13:00〜13:45
出演:増谷京子、森田さやか、田村梓、坂野知恵、坂野いぶき、薮田佳奈
子どもも大人もたのしめる体験型舞台:大山の森からやってきたこびとや妖精たちが、森の音楽会にみなさんを招待してくれます。一緒にポーズをとったり、歌ったり、踊ったりしながら、作品世界をお楽しみください。

第2部『昼下がりの発表会』14:00〜16:00
※活動の紹介・発表を重視した内容になっています。
①イトナミダイセン/イトナミダイセンAIRの紹介
②大山ガガガ学校 活動紹介&公開ライブ
③大山アニメーション 活動紹介&作品上映&主題歌ライブ
④大山踊るワプロジェクト 活動紹介&音頭ライブ
出演:チャンキー松本、森田さやか、田村あずさ、ポール川中彰平
参加:いぬんこ、ヨシムラエリ 他
入場料:無料 ※活動を応援してくださる方のドーネーションを受け付けています。
※鳥取のいいもの『ウミわたる鳥』物販コーナー、地酒コーナー、こどもの遊び場コーナーあり。

第3部『夜の発表会&交流パーティ』18:00〜21:00
①イトナミダイセン/AIR/料理紹介
②大山アニメーションプロジェクト作品上映&主題歌ライブ
③参加アーティストによるスペシャルライブ
④大山踊るワプロジェクト 紹介&音頭ライブ
出演:松本力、VOQ、チャンキー松本、森田さやか、田村あずさ、ポール川中彰平、坂野知恵、坂野いぶき
参加:いぬんこ、ヨシムラエリ 他
入場料:高校生以上 3,000円、小学生以上 1,000円 ※料理、ワンドリンク付き

料理人|高円寺 居酒屋『じぞう』店主
大山の新鮮で美味しい食材でつくったお料理やお酒とともに、大山で生まれたアニメーション作品や縁のあるアーティストのライブを楽しみながら、大山の食材、お米、野菜、ジビエ、魚介、味噌などを使って素材の美味しさそのままにお料理をしていただきます。料理から、大山のエネルギーを感じてみてください!
※カクテル・地酒などバーコーナー、鳥取のいいもの『ウミわたる鳥』物販コーナー、こどもの遊び場コーナーあり。
※3月12日(日)から1週間は、チャンキー松本さんの因州和紙貼り絵&似顔絵切り絵展もあわせて開催されます。

企画:アートディレクター 大下志穂
米子市淀江町出身。大山町在住。8年間の海外生活を経て、2009年にUターンし、さまざまな分野で創作活動を行う。現在、「アート」と「地域」、「教育」に関わるプロジェクトを手がける。こっちの大山研究所代表。築き会副代表。
お問い合わせ&お申し込み:080-2942-6517 (薮田), daisenlabo@gmail.com (薮田、大下), http://itonamidaisen.com/
主催:こっちの大山研究所、鳥取県
共催:一般社団法人nomadoma
助成:鳥取県、大山町
協力:築き会、大山ガガガ学校、The Tottori

Hamamura Spring Film Festival 2017

eigasai17_p.jpg

浜村温泉映画祭2017
会期:2017年3月5日(日)
会場A:貝殻節の里 旅風庵 (鳥取市気高町勝見696-1) 11:00〜19:00
会場B:ことるり舎 (鳥取市気高町勝見 旅風庵向い) 11:00〜17:00
入場料:旅風庵 500円 / ことるり舎 無料
懇親会券:2500円

ことるり舎にて、大山アニメーションプロジェクト2016で滞在制作した「Day 1000 / gnuung - Singing Across the Mountain」「たばこっしょい!!」が上映されます。

Cooperativa Cráter Invertido
MOVIMIENTO EDITORIAL en MÉXICO

15727063_1216720745075637_4760765838678938369_n.jpg
15727019_1216721271742251_1612101816304829338_n.jpg15726213_1216721211742257_6725290079872788889_n.jpg

コーペラティバ・クラテル・インベルティド
出版と運動
会期:2017年1月28日(土)~2月18日(土) ※最終日は17時まで
会場:Calo Bookshop and Cafe (大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル5階)
大阪市営地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅 6・7番出口より1分、御堂筋線「淀屋橋」駅 12番出口より5分
主催:Calo Bookshop & Cafe, マパ実行委員会 (MAPA [Movimiento Autónomo Proyecto de arte])
企画:内山幸子

カフェトーク
会期:2017年1月28日(土) 15:00~16:30
出演:松本力 (美術作家), 内山幸子 (本展企画者)
参加費:1500円 (1ドリンク付)
お申込;お申し込みはメールで info@calobookshop.com まで、イベント名とご予約の方全員のお名前と代表の方のお電話番号を添えてお申し込みください。折り返しご連絡します。

実際にクラテル・インベルティドを訪れ、共同制作を行った松本力さんにお話をうかがいます。毎週木曜に共同アトリエで開催されるドローイング・パーティやワークショップなど、アーティスト・コレクティブとしてどのようなプロセスで制作しているのか、そのほかメキシコでの体験など、写真を交えながら紹介していただきます。

合同レセプション「January Party」
会期:2017年1月28日(土) 17:00~19:00
若狭ビルと山登寿ビルの5つの画廊にて合同レセプションを開催します。お気軽にご参加ください。

メキシコの現代芸術家集団コーペラティバ・クラテル・インベルティド(Cooperativa Cráter Invertido)は、文化、環境問題といった社会的なテーマについて対話し、生まれたコンセプトを、アトリエで共有しているリソグラフ(簡易印刷機)を使ってアートブックとして出版するプロジェクトを行っています。ドローイング、印刷物、ラジオ、テキストといったさまざまなメディアを架け橋にして、お互いの領域を拡げつつ、自分たちでムーブメントを起こすことをめざしています。
今回の展示では、彼らが制作しているアートブックやポスターを紹介、販売します。また、2014年にクラテル・インベルティドでワークショップを行ない共同制作した美術作家の松本力さんのアニメーションブック「時間の絵本」の原画とアニメーション映像を特別展示します。
メキシコ発、アーティストたちの自主出版を通じた社会関与とネットワーキングの試みで、日本では初展示です。どうぞご期待ください。

コーペラティバ・クラテル・インベルティド, Cooperativa Cráter Invertido
メキシコ市内の同名の共同アトリエを拠点に活動する、20~30代の11名のメンバーによる現代アーティスト集団。現代美術といった領域や社会のコミュニティが持つ境界線を超えて協働する場、活動として注目されている。ベネチアビエンナーレ (2015)、ジャカルタビエンナーレ(2015)、光州ビエンナーレ(2016)といった大型国際展にも招聘されるなど近年その活動に国内外で関心が高まっている。

DAISEN ANIMATION FESTIVAL 2016

dap2016_チラシ_低.pdf

大山アニメーション祭 2016
会期:2016年11月12日(土)〜13日(日)
会場:きち基地(旧逢坂保育所/大山町住吉921)
展示会場:まぶや(大山町上市29)
参加アーティスト:松本 力, Chikara Matsumoto (東京)、VOQ (東京)、ステファノ・ブロ, Stefano Buro (イタリア)、ジェム・マグバヌア, Jem Magbanua (フィリピン)、アンダース・ヤニ・パーホネン, Anders Jani Purhonen (フィンランド)
3組のアーティストが、滞在制作したアニメーション作品のお披露目上映会を中心に、ワークショップやライブ、完成披露パーティ、アーティストによる世界食堂など、たのしいプログラムが満載の2日間!

ワークショップ「ジェムさんの水彩画教室:線で大山を描いてみよう!」
会期:11月12日(土)
時間:11:00〜12:00
参加費:300円 
対象:5歳以上 ※未就学児は、保護者同伴のこと。
申込:https://www.facebook.com/events/348938992126607/
基本的な水彩画の技法やふでの使い方を楽しくわかりやすく習って、最後に彩り鮮やかなタペストリーのような雄大な大山を描いてみます。

「アート」×「移住」クロス・トーク
会期:11月12日(土)
時間:13:00〜14:00
参加費:無料
芸術のある住まいづくり「鳥取藝住」の取り組みなど「アート」と「暮らし」をキーワードに、鳥取藝住実行員会委員長・野田先生、大山アニメーションプロジェクトディレクター・大下志穂、滞在アーティストなど、それぞれの立場でみた「アート」と「移住」の今をみんなで考えてみます。

完成アニメーション上映会 vol.01
会期:11月12日(土)
時間:14:00〜16:00
参加費:中学生以下 無料/高校生以上300円
内容:
1, アンダーズ・ヤニ・パーホネン
2, ステファノ・ブロ / ジェム・マグバヌア
3, 松本力×VOQ +ライブ
3組のアーティストの完成作品上映、メイキング映像や写真を交えてのアーティストによる制作秘話、ライブなどたっぷりと。

アニメーション×カレーパーティー!
会期:11月12日(土)
時間:18:00〜20:30 
参加費:中学生以下1,000円/高校生以上2,500円 (ソフトドリンク付き、アルコール有料) ※未就学児は無料
定員:70名 ※先着順、要予約 (しめきり11/10)
申込:https://www.facebook.com/events/348938992126607/
出店:日々の糧、ユリイカ、KaSaRa cafe joint、食堂カルン
内容:
1, 完成アニメーション上映会 vol.02
2, 松本力×VOQ +ライブ
3, チャンキー松本 「大山ワワワ音頭」×大山ワワワの輪を広げる会
今年のオープニングパーティーはアニメーション・ライブ・音頭に、おいしいカレーが人気の4チームが集う、一夜限りの奇跡のコラボレーション!個性豊かなカレーを味わいながら、みんなでにぎやかな宴を楽しみましょう!

アーティストのつくる世界食堂上映会
会期:11月13日(日)
https://www.facebook.com/events/1675378579439710/
一部:12:00〜13:30 アーティストのつくる世界食堂
参加費:中学生以下750円/高校生以上1500円 ※未就学児は無料
定員:30名 ※先着順、要予約 (しめきり11/10)
日本、イタリア、フィリピン、フィンランドなど招へいアーティストの手作りの各国の食文化にふれながら、アーティストと交流会。  
第二部:13:30〜15:00 完成アニメーション上映会 vol.03
2部のみ参加される方は、中学生以下 無料、高校生以上300円です。
3組のアーティストの完成作品上映、メイキング映像や写真を交えてのアーティストによる制作秘話、ライブなど。
1, アンダース・ヤニ・パーホネン
2, ステファノ・ブロ / ジェム・マグバヌア
3, 松本力×VOQ +ライブ

ご予約・お問い合わせ:080-2942-6517 (薮田)/daisenlabo@gmail.com
http://daisenanimationproject.weebly.com/
主催:こっちの大山研究所、鳥取県 
後援:新日本海新聞社、朝日新聞鳥取総局、山陰中央新報社、毎日新聞鳥取支局、読売新聞鳥取支局、産經新聞鳥取支局、日本経済新聞鳥取支局、中国新聞鳥取支局、NHK鳥取放送局、日本海テレビ、BBS山陰放送、TSK山陰中央テレビ、共同通信社鳥取支局、時事通信社鳥取支局、日本海ケーブルネットワーク、中海テレビ放送、大山チャンネル
助成:平成28年度 鳥取県工芸・アート村事業補助金、平成28年度 大山町新たな価値創造事業補助金、とりぎん青鳥基金
特別協力:のまど間 
協力:築き会、やらいや逢坂、楽しもなかやま、ふれあいの郷かあら山、長田自治会、大山ガガガ学校、まちづくり名和地区会議、Orange trip㈱、創伸㈱、さんどう、大山寺、宿坊 観證院 山楽荘、金龍山退休寺、淀江よりみち部大山ワワワの輪を広げる会、大山移住定住サテライトセンター 
チラシデザイン:岩田まどか (大山クリエイティブラボ)
アートディレクター:大下志穂 (こっちの大山研究所)

KABE: SCREEN THE NEXT DOOR WALL

14355181_920715308033613_3084474801500091959_n.jpg
14368635_920716091366868_124239934534193829_n-1.jpg

スクリーンは隣の壁DAYS〜Maebashi 45 Days〜
会期:2016年9月29日(木)〜11月3日(木)

@中央イベント広場
(前橋市千代田町2-8-21)
会期:10月13日(木)
時間:19:00〜
出演:松本力、VOQ(本多裕史)

@ROBSON COFFEE
(前橋市千代田町5-1-16 アーツ前橋)
会期:9月29日(木)、10月13日(木)、10月27日(木)、11月3日(木)
時間:18:30〜20:30
出演:開発好明(9/29)、坂本夏海(10/13)、小鷹拓郎(10/27)、青山健一(11/3)

@OTHAGOODS & service
(前橋市千代田町4-14-2)
会期:9月29日(木)
時間:19:30〜23:00
出演:飯山由貴、井出賢嗣、金川晋吾、構想計画所、斎藤玲児、A.Y.K.K.project、杉本篤

@スズラン百貨店 前橋店
(前橋市千代田町2-12-3)
会期:11月3日(木)
時間:19:30~21:00
出演:TOCHKA、ジョーゼフ・ホッパー

Fukui Yume Art 2016

Follow Me_nova_B1.pdf

フクイ夢アート2016
全会期:2016年10月2日(日)〜30日(日) 11:00〜18:00
会場:夢アート会場各地 、ふく+、新栄商店街など
http://www.fukui-yumeart.com/?page_id=1301

Follow Me / nova
会期:2016年10月2日(日)〜8日(土) 11:00〜18:00
会場:映画セットの店

福井駅前を中心に行われるアートイベント「フクイ夢アート2016」に参加します。「宙〜そら〜」がテーマということで、来春に福井駅西口再開発ビル「ハピリン」と全天周型ドームシアター開館を記念して上映される映像作品の一つとして、アニメーション作品「Follow Me」が、音楽家・VOQさんの楽曲「nova」と共に、商店街の「映画セットの店」という会場で、10月2日(日)〜8日(土)に上映します。

SHIBAURA HOUSE 2016
FRIENDSHIP PROGRAM: LET'S ENJOY THE OFFICE!

odoruningyou_signboard.jpg
dancing_1200-500.jpg

SHIBAURA HOUSE 2016年度 フレンドシップ・プログラム「オフィスを面白くする企画」
踊る人形/じかんの絵をつくろう
会期:2016年9月30日(金)
時間:17:00〜21:00
会場:SHIBAURA HOUSE 1F

松本力+VOQライヴパフォーマンス
会期:2016年9月30日(金)
時間:21:00〜22:00
会場:SHIBAURA HOUSE 1F

参加費:1,000円
※ドリンクはキャッシュオンでお求めください。
※上映ライブのみのご参加はワンドリンク購入で、無料でご覧いただけます。
お申込み・お問合せ:お名前、ご年齢、ご職業、お住まい(区)、ご連絡先をご記入の上、teo_chikara@ybb.ne.jp (松本力) までご連絡ください。
http://www.shibaurahouse.jp/event/detail/153

17:00-17:10 オリエンテーション
17:10-17:40 第一部 ポージング&ドローイング
17:40-18:40 第二部 描く・アニメーション
18:40-19:00 休憩
19:00-20:00 第三部 編集
21:00-22:00 上映ライブ

ANIMAL & SILHOUETTE

ポスター入稿用.jpg

動物と輪郭 - Animal & Silhouette -
展覧会
会期:2016年9月23日(金)〜24日(土)
会場:Earth&Salt (東京都渋谷区広尾2-2-18)
JR恵比寿駅西口を右に出て、駒澤通りを広尾方面に徒歩10分
途中、渋谷橋交差点の歩道橋を渡って、坂道を登り広尾小学校の歩道橋を通りすぎて右手。
入場無料

松本力+VOQライブパフォーマンス
会期:2016年9月24日(土)
時間:18:30 open 19:00 start / 21:30 last oder 22:00 close
会場:Earth&Salt
定員:30名 (先着)
料金:¥3,500 (1drink, food付き)
お問合せ:03-6419-7218 (横山) , yokoyama@keimdr.com
企画:Earth&Salt 横山由美子
ご来店時お支払い制 です。2杯目以降のドリンクは有料 です。
演奏中の入退店はご遠慮ください 。公演時間は1時間半〜2時間です。
24日のカフェの営業は16:30last oder、17:00までとさせていただきます。イベント準備のため17:00に、恐れ入りますが一旦お客様には退店していただきますので、カフェからライブパフォーマンスまでご利用のお客様はご注意ください。
キャンセルの場合は、大変恐れ入りますが、開催日の2日前よりキャンセル料が発生します。
2日前 50%/前日 80%/当日 全額 お申し込みの際ご注意くださいますようお願い申し上げます。
上記は予告無く変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
https://www.facebook.com/events/640046032819873/
https://www.facebook.com/earthandsalt
http://earthandsalt.com/event/「動物-と-輪郭-/-animal-silhouette-」.html

23日〜24日は、展覧会、24日はライブパフォーマンスイベントです。
23日/展覧会。24日/展覧会とライブパフォーマンス。ライブ終了後はバータイムとしてお楽しみいただけます。
バータイムでは画家の松本力氏、音楽家のVOQ氏も参加します。二日間限定の素敵な空間に変身したEarth&Saltにぜひ足をお運びください。

THE FIVE SENSE CLASS LESSON_08

Lesson08_flyer_omote.jpg14141816_10205017215149285_8104559444863031986_n.jpg

五感教室 Lesson_08

とりとりそらそら
アニメーションワークショップ「躍る人形/じかんの絵」
日時:2016年9月18日(日) 10:00-17:00
会場:ことめや(〒680-0821 鳥取市瓦町527 )
料金:1,500円(お茶・お菓子付き)
対象:小学生〜一般
定員:20名(要予約)
※昼食は各自持参ください。会場近くにはお弁当屋さん(café-neeなど)があります。
※駐車場はございませんので、公共交通機関もしくはお近くのパーキングをご利用下さい。
お申込・お問合せ:五感教室 gokan.kyoshitsu@gmail.com, 080-5265-7638 (藤木)

まほらままほろば
松本力+VOQライヴパフォーマンス
日時:2016年9月19日(月・祝) open 18:30- / start 19:00-
会場:トウフビル3階 バー&屋上(〒680-0822 鳥取市今町2-201・Pub & Hosptel Yの3階)
料金:前売1,500円(メールでのご予約承ります)/ 当日2,000円
※駐車場はございませんので、公共交通機関もしくはお近くのパーキングをご利用下さい。
お申込・お問合せ:五感教室 gokan.kyoshitsu@gmail.com, 080-5265-7638 (藤木)

主催:五感教室 https://www.facebook.com/gokankyoshitsu/
企画・運営:ことめや https://www.facebook.com/Cotomeya-381408625320288/
アートディレクター:赤井あずみ、藤木美里

DAISEN ANIMATION PROJECT 2016

day1000_6.jpg
day1000_8.jpgday1000_7.jpgday1000_10.jpgday1000_1.jpgday1000_11.jpgday1000_2.jpgday1000_3.jpgday1000_4.jpgday1000_5.jpgday1000_9.jpg

大山アニメーションプロジェクト2016

アニメーションナイトvol.01
会期:2016年9月9日(金) 19:00〜
会場:Nomadoma のまど間
参加費:300円

Day1000:踊る人形/じかんの絵をつくろう
会期:2016年9月17日(土) 10:00〜17:00
会場:旧名和保育所 (大山町加茂12-2)
対象:5才〜 (未就学児は保護者同伴のこと)
参加費:500円 (お昼はお弁当などをご持参ください)
定員:20名 (要予約)
お申込み・お問合せ:080-2942-6517(薮田), daisenlabo@gmail.com

Day1000:松本力+VOQライブパフォーマンス (上映会)
会期:2016年9月17日(土) 17:30〜18:30
会場:旧名和保育所 (大山町加茂12-2)
対象:5才〜 (未就学児は保護者同伴のこと)
参加費:500円 (ワークショップ参加者は無料)
お申込み・お問合せ:080-2942-6517(薮田), daisenlabo@gmail.com

滞在制作
期間:2016年9月6日〜17日、10月2日〜8日

主催:のまど間 http://nomadoma-daisen.com/
企画・運営:こっちの大山研究所 http://itonamidaisen.com/
アートディレクター:大下志穂 (Shiho Oshita Baday) http://daisenanimationproject.weebly.com/
助成:平静28年度工芸・アート村事業補助金、鳥取県

SAPPORO TENJIN-YAMA ART STUDIO
TENJIN-YAMA ART CAMP 2016
TENJIN-YAMA SUMMER OPEN STUDIO

web1.png

天神山アートキャンプ2016
会期:2016年7月30日(土)〜31日(日)
会場:さっぽろ天神山アートスタジオ
参加費用:¥3,000/1人 ※料金には食費、イベントの保険料などが含まれています。
定員:20名

天神山 夏のオープンスタジオ
会期:2016年7月30日(土)〜8月11日(木・祝)の11日間 ※月曜休館
会場:さっぽろ天神山アートスタジオ
対象:小学4年生〜 中学2年生
参加無料。予約は必要ありません。

オープンスタジオはじめ:2016年7月30日(土) 10:30〜12:00 札幌市博物館活動センターツアー/13:30〜15:00 街の長老たちと歩く「天神山うわさんぽ」
山のアニメーション修行:2016年7月31日(日) 10:00〜17:00 特別アニメーションワークショップ
踊る人形/流れる麺:2016年8月3日(水) 12:00〜13:00 流しそうめん/13:00〜14:00 松本力さんとの交流会
ラストタンゴ in 天神:2016年8月11日(木・祝) 15:00〜17:00 作品上映会&振り返り ※みんなが制作したアニメーションを上映します。

http://tenjinyamastudio.jp/event-item/2016/07/7358/

FLUIDE ART CONTEMPORAIN
TRANSITION

d7c484_b46029fd836e4e96b9d8ffa1d5088d17.png

日仏合同美術展覧会 // TRANSITION うつりかわり//
会期:2016年6月11日(土)〜7月10日(日)
会場:Galerie FLUIDE, Château de Chémery
開廊時間:月~金 予約制(tel 06 36 35 82 88)
     土、日 11時~18時
参加作家:皆川俊平(油画/東京藝大非常勤講師), うのあずさ(インスタレーション/東京藝大博士課程在籍), 小池浩央(写真), 松本力(アニメーション/女子美術大学非常勤講師), 花岡美緒(インスタレーション), ジミー・リシェ(ドローイング) , レオ・パクレ(映画/ル・フレノワ国立現代芸術スタジオ卒), カミーユ・フォンテンヌ(油絵), ガエル・コエ(インスタレーション/国立ブルジュ美大卒)
キュレーター:糟谷恭子
アートディレクター:カミーユ・フォンテンヌ
助成:野村財団
入場無料
http://fluideac.wix.com/home

フランスのシェムリー城を拠点とする非営利美術団体フリュイッド・アート・コンテポランの「日仏合同美術展覧会 // TRANSITION うつりかわり//」展に参加します。アニメーションワークショップ「踊る人形」も開催します。
キュレーターは糟谷恭子さん、アートディレクターは東京でも活動されていた画家のカミーユ・フォンテンヌさんです。シェムリー城はカミーユさんのご両親であるフォンテーヌ夫妻によって所有されています。

オープニングレセプション
6月11日(土) 16:00〜

アニメーションワークショップ「踊る人形」
6月12日(日) 14:00〜18:00
予約制 fluideartcontemporain@gmail.com
Tel : 0652166844
https://www.facebook.com/events/516344351900317/

Gallery Ecru no Mori
Conversations 3 / Spiral Garden

R0055155.JPG

カンヴァセーションズ Ⅲ /スパイラルガーデン
会期:2016年5月17日(火)~29日(日) 
時間:11:00〜20:00
会場:スパイラルガーデン 〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23  
交通:東京メトロ銀座線、千代田線、半蔵門線「表参道」駅B1、B3出口すぐ
主催:GALLERY エクリュの森 055-976-2320 / info@ecru-no-mori.jp
会場協力 : 株式会社ワコールアートセンター
出展作家:荻野 夕奈 Yuna Ogino(油彩 / Oil painting), 高松 明日香 Asuka Takamatsu (アクリル / Acrylic), 髙﨑 紗弥香 Sayaka Takasaki (写真 / Photograph), 本郷 芳哉 Yoshiya Hongo (彫刻 / Sculpture), 松本 力 Chikara Matsumoto (映像 / Movie)
入場無料
http://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_1902.html
http://www.ecru-no-mori.jp/exhibition/conversations2016/
https://to-co-to.com/wp/blog/req/2016/21454/

表参道スパイラルガーデンでの「Conversations III」展に参加します。夕張での作品を展示します。
5月21日(土)は、参加作家によるトークとライブパフォーマンスのイベントを、アーティストの永岡大輔さんと音楽家VOQ(本多裕史)さんをお招きして開催します。

トーク&ライブイベント featuring VOQ
会期:5月21日(土)
時間:17:30〜18:20 ギャラリートーク
   18:20〜19:00 ライブパフォーマンス

New Yokujo Project

1920_1280_2.jpg1920_1280_1.jpg1920_1280_3.jpg

ニュー浴場プロジェクト
http://newyokujo.wix.com/newyokujo
https://www.facebook.com/newyokujo/

アーティストの永岡大輔、松本力は、2012年夏より、夕張の炭鉱住宅で滞在制作を行いました。それぞれのプロジェクトを今後も続けていくべく、新しい活動をこの町ではじめます。これは、自分たちの制作と発表の場を求めるだけでなく、これからも他のアーティストたちがここで活動をできることと、炭鉱だった町で、アートがより一層根付いていくことを目指す試みです。第一歩として、炭鉱の町のコミュニケーションの場、「浴場」になぞらえてお風呂を作ろうとおもいます。夕張にアーティストが滞在し、町の方々と交流しながら、制作/発表する場を創ります。是非ご賛同を賜り、皆様のご寄付・ご協力を心よりお願い申し上げます。ご連絡は、こちらからメールにてお願いします。newyokujo@gmail.com

永岡大輔:http://daisukenagaoka.jimdo.com/

Tamagawa River Open Atelier
48 SoItGoes.
Odoru Ningyou in Tamagawa River featuring Mari Fukutome the dancer a.k.a. Ho Ho-Do

48SoItGoes.jpegFUKUTOME_MARI.jpeg

48 SoItGoes.
会期:2015年11月21日(土)〜12月8日(火)
時間:月・火・土・日 12:00~18:00/水・金 15:00〜22:00
会場:Hasu no hana (146-0091東京都大田区鵜の木1-11-7)
東急多摩川線鵜の木駅より徒歩1分。改札を出て左へ進み交番のある信号を渡り、さらに左方向へ進み5軒目。焼き肉屋さんの隣です。
http://www.hasunohana.net/#!-48so-it-gose/c1lyx
休日:木曜日&11/28(土)&11/29(日)
入場料:300円(11月21日、22日は「多摩川オープンアトリエ」開催中につき無料です。)
多摩オープンアトリエ:http://www.facebook.com/events/1492685534361618
48 SoItGoes.:http://www.facebook.com/events/810734959039499/

大田区鵜の木にあるギャラリーHasu no hanaを中心に大田区内のアーティストのアトリエを巡って開催される「多摩オープンアトリエ」に参加します。ぼくは、48年間とその作品に分析的に対峙するプロジェクトをはじめます。(子どもの頃はないものをあるように)これまでの作品と、今年の作品を48番目として、公開制作もいたします。まだ見通しがたたないのに、自分のアトリエも同時開催で名前をCHIKAHOTELなんですけれど、CHIKALODGEとするつもりです。

ダンスアニメーションワークショップ
踊る人形 in 多摩川 featuring ふくとめまり
会期:2015年12月6日(日)
時間:15:00〜17:00
会場:多摩川河原
上映会:18:00〜19:00 (Hasu no hana, 大田区鵜の木1-11-7)
講師:ふくとめまり、松本力
参加費:1500円
http://www.facebook.com/events/1659471927664570/

ほうほう堂のダンサーの福留麻里さんとダンスアニメーションワークショップ「踊る人形」を開催します!多摩川河原を会場に、動きながら、それを描きながら、ひとつのアニメーションを作ります。ぜひ、遊びにきてください。

Animation Tapes 2015

yona_1.jpegwithorwithoutyou.jpg

アニメーションテープス上映会
2015年10月24日(土) 14:00〜17:00
シアターカフェ(1ドリンクオーダー制/食物持込自由)
13:30 開場
14:00 Aプログラム
15:00 Bプログラム
16:00 Cプログラム「河原崎研究室卒業生作品セレクト」
主催・企画:アニメーションテープス実行委員会
共催:日本映像学会ショートフィルム研究会
協力:N-mark、甘利あゆ、シアターカフェ、藤田千彩
http://theatercafe.blog.fc2.com/blog-entry-531.html

10月24日(土)に、名古屋のシアターカフェで開催されるアニメーションテープスに参加します。AとBプログラムで、音楽家・VOQさんとの「SA YONA RA / yona」と「きみといる、いなくても With Or Without You / night night」が上映されます。アートライターの藤田千彩さんにお声がけ頂きました。アニメーションテープスの林緑子さんありがとうございます。永岡大輔さん、林勇気さんと同じプログラムで、ご一緒させていただけてうれしいです。どうぞよろしくお願いいたします。

Tsuzuki Art Project 2015, Newtown ♡ Ghost
Iseki Live Performance: Aragehonnji & VOQ + Chikara Matsumoto

Iseki_Live_20151024.pdf

都筑アートプロジェクト2015 ニュータウン♡ゴースト
遺跡ライブ
2015年10月24日(土) 14:00〜16:00
横浜市歴史博物館(横浜市営地下鉄センター北駅下車)
アラゲホンジ 14:00〜14:40 ロックと民謡の融合!
http://aragehonzi.com/
VOQ+松本力 15:00〜15:40 音楽とアニメーションによる古代の夜を楽しもう!
http://www.organ-o-rounge.org/voq/
共通入場料 ¥1,000-
http://tsuzukiart.p2.weblife.me/event/live_performnce.html
http://www.facebook.com/events/1641577566098997/

アラゲホンジさんとの共演で、都筑アートプロジェクト、ニュータウン♡ゴースト展で音楽家・VOQさんと「 遺跡ライブ」やります。「諸事情」により大塚遺跡の竪穴式住居でできない…ので、会場は横浜市歴史博物館2階講堂です。遺跡で開催したワークショップのアニメーションと展示中の立体絵画「4COLORS&5ELEMENTS/A-N-G-E-L」の映像作品を上映します。
会場側の都合により、日時と会場が変更になり、10月24日14時から横浜歴史博物館ホールで開催することになりました。出演者、来場を予定されていたお客様をはじめ皆様には大変ご迷惑おかけしますが、宜しくお願いします。大勢の方のご来場をお待ちしております。

Minatoya Koryu × Tomokawa Kazuki Live Performance
Hana to Watari-dori

12088019_774078839388217_6432144753279535072_n.jpg12108946_774078852721549_968759458552551042_n.jpg12049544_772166932912741_5354725865669892468_n.jpg11774536_10203046654326496_1577293864_n.jpg

港谷小柳×友川カズキ「花と渡り鳥」
2015年10月7日(水) 19:30〜
日暮里サニーホール

川上アチカさんより、10月7日(水)に日暮里で開催された素晴らしい演奏会、港家小柳×友川カズキLIVE「花と渡り鳥」のチラシにハシビロコウの絵を使っていただきました。川上アチカ監督作品「港家小柳 IN-TUNE」が、10月19日〜30日まで渋谷アップリンクで上映&イベントが開催されます。http://amatocinema.com/koryu/

Fukui Yume Art 2015

Follow Me_nova_B1.pdf

フクイ夢アート
2015年10月4日(日)〜10月25日(日) 11:00〜18:00
夢アート会場各地 、ふく+、新栄商店街など
http://www.fukui-yumeart.com/?page_id=1301

福井駅前を中心に行われるアートイベント「フクイ夢アート2015」に参加します。「宙〜そら〜」がテーマということで、来春に福井駅西口再開発ビル「ハピリン」と全天周型ドームシアター開館を記念して上映される映像作品の一つとして、音楽家・VOQさんとの「Follow Me / nova」デモ作品が町中で上映されます。市民投票があります。完成作品は、来年のフクイ夢アート2016にて公開予定です。

Kyoto University Academic Day 2015

京都大学アカデミックデイ2015_1.jpeg京都大学アカデミックデイ2015_2.jpeg

京都大学アカデミックデイ2015
2015年10月4日(日) 10:00〜16:00
京都大学吉田キャンパス 百周年時計台記念館
無料
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2015/

須山悠里さんがデザインされた「京都大学アカデミックデイ2015」の素敵なチラシとポスターと車内吊りとそれぞれに、「本の町」ドローイングシリーズを使っていただきました。たくさんの研究者と研究と高校生や来場者との語らいの場にいってみたかった。人生には出会えない人の方が多いけれど、無数のコミュニティでつながっていることを想う。自分の行為と謝罪と責任と果たせるかな使命を通して、人の世の幸福に貢献したいです。

Tsuzuki Art Project 2015
Newtown ♡(Loves) Ghost

TAP2015_image_jpeg.jpegTAP2015_flyer表.jpg
TAP2015_flyer裏.jpgIseki_Live_20151024.pdf
ODORU_NINGYOU_20151011.jpg

都筑アートプロジェクト2015ニュータウン♡ゴースト 〜遺跡とアート〜
2015年10月4日(日)〜11月1日(日)
横浜市営地下鉄センター北駅、大塚・歳勝土遺跡公園 (横浜市都筑区大棚西1)
http://tsuzukiart.p2.weblife.me/index.html

踊る人形, The Animation of Dancing Men
2015年10月11日(日) 11:00〜16:00
大塚遺跡 (横浜市都筑区大棚西1)

遺跡ライブ
2015年10月24日(日) 14:00〜16:00
アラゲホンジ 14:00〜14:40
VOQ+松本力 15:00〜15:40
横浜市歴史博物館2F講堂 (横浜市営地下鉄センター北駅下車)
¥1,000-

毎秋に参加している都筑アートプロジェクトのこころみを、四つの方向・方角に相対する色や意味として描いたものです。
上下左右=北南東西=白黒青赤(ピンク)=冬夏春秋=空、ニュータウン、遺跡(ゴースト)、都筑アートプロジェクト

Residence in ge-Shuku
Odoru Ningyou in Ishibiki, Kanasawa

ON_20150822_0823.jpgbeaming_dreaming_gleamng.jpeg

芸宿で下宿@アートベース石引&石引商店街 (「平成27年度金沢市恊働のまちづくりチャレンジ事業」採択事業)
2015年8月15日(土)~9月14日(月)

アニメーションワークショップ「踊る人形 in 金沢石引」
2015年8月22日(土), 23日(日) 10:00~16:00
2015年8月26日(水) 19:00〜21:00
アートベース石引 (石川県金沢市石引2-9-2 1F)及び石引商店街、下馬地蔵尊

完成作品上映会ライブ featuring VOQ
2015年9月12日(土) 17:30~18:30
2015年9月13日(日) 16:00~17:30
etc.link (石川県金沢市石引2-9-2 B1F)
http://www.facebook.com/geshuku

芸宿で行われるアーティストインレジデンスの企画。アーティストを招聘し滞在制作をしてもらうことで、その土地に根付いた制作を行って頂く。今回は石引商店街を舞台にアニメーションのワークショップを開催。隣りの絵と隣りの絵をつないで空白を埋めていくアニメーションを犀川と浅野川に挟まれたここ石引で行うことで、この石引という「空白の川」に人の流れ/文化の流れを生み出す試みです

DA+C Festival 2015
CULTURETOPIA: Warung Wayang

22ef5e190bdc8afa697c662499024644.pngODORU_NINGYOU_AUG_9_2015.jpg

DA+C Festival 2015 CULTURETOPIA: Warung Wayang
7-16 August 2015, George Town, Penang, Malaysia
http://www.dacfestival.com/